読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOW!SHOW!SHOW!

紫耀くんの相手役が知英ちゃんになる日まで

浜中「ホンマは感じてるんやろ」

文一さんのこの言葉が聞けるのは文一さんの初座長舞台「50shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」だけですよ。しかも1公演で2回聞けます。

さてさて、私文一さんが演じるクリスチャン・グレイに完全にハマってしまいました。
R15と聞いていたので、どんなエロい舞台なんだと覚悟して行ったのに、終始大爆笑!!!腹ちぎれるかと思った(笑)
小さい会場だからこその客席との一体感。劇中セリフで「演じる方も観る方も、冷静になったら負け」ていうのがあるんだけど、本当にその通りだと思う。これこそ、考えるな、感じろだと思う。

下品な言葉をただずっと言ってるだけの舞台なのに(語弊がある)、素敵な歌に聞こえてしまうのは出演者皆さんのスペックが高いことが要因だと思う。
あのキャストであの実力がなければ、この舞台は完成してなかっただろう。
そして観た人全員が言っているが、

クリスチャン・グレイができるのは浜中文一だけだ

浜中担はもちろん、そうでなくても観た方がいい舞台だ。
東京公演後半になるにつれて、各所関係者の方々が観に行っていたようですね。皆さん、ついに我らが浜中文一が日本に見つかってしまいましたよ(笑)というか、日本がやっと浜中文一に追いついたね←
文一さんはすごいですね。以前まいジャニで「オレにしかできないことをしたい」と豪語してましたが、有言実行。この舞台はまさに、浜中文一という人間にしかできないもだったと思います。彼が「浜中文一」という、独得の道を切り開いてるを実感しました。

それについていく浜中担も結構大変ですよね。文一さんの振り幅が大きすぎる(笑)
だって、あんなに純粋にマヤちゃんを陰ながら支えていた桜小路くんの文一さんを見てからの、ジャニワにておふざけモード全開の文一さんからの、ドエロい文一さんっすよ?振り幅でかすぎてメーター壊れるわ(笑)
そんでもって次はまさかの初shockですからね!いやー、度肝抜かされるわ!

2016年は文一さんも浜中担もバタバタとしていた現場が続いてたけど、それって2016年の文一さんが飛躍的にお仕事が舞い込んできたわけではなくて、ここ数年の文一さんの努力のたわものだと思うんだよね。コツコツといろんなものを吸収して、文一さんの名が広まって実力が認められてきたから、こうやってとめどなくお仕事が決まっているんだと思います。


文一さんの初座長舞台「50shades!」の初日公演に、濱ちゃん照史くん淳太くん重岡くんが見に来てくれましたね。特に前3人が初日に来てくれたことが、BBV懐古厨からしたら超絶胸アツだよね。というか、久しぶりの濱×浜に泣きそうになった( ; _ ; )しかも、2幕の客席に絡むところで濱ちゃんが絡まれたとあればそれはそれは爆笑っすよ(笑)
初日からこんな胸アツでもうなんか言葉にできないのに、個人的にそれよりもドデカイ奴きて、ガチで泣いた。

その日は結構いろんな方が観劇していたみたいですね!ヒャダインさんまでいたと聞いて、「つつつつついに!文一さんがヒャダインさんに見つかった!!!!!」て、結構盛り上がってました。
そんな中で観劇者の中に衝撃的な人物の名前を見つけてしまったのです。
そーです、室家の長男さん。きーくんです(独特な呼び方ですみません)。

そんなこんなでテンション上がってたらまさかのきーくんがTwitterでそのことを言ってくれましたね( ; _ ; )


涙でたよ( ; _ ; )
電車の中で見たことを後悔したよね。涙こらえるのに必死で、家帰ってガチ号泣した。文一さん、愛されてるなーって。
しかも翌日にぶんぶんぶんで文一さんも言うもんだから、さらに泣いた。
きーくんて、前に少年たちかなんかも見に来てくれてたよね。(この前松竹座で将也の名前出たのは笑った)

なんか文一さんが愛されてることも嬉しいけど、なによりもまだ彼らがちゃんと交流があるっていうことが嬉しい。もちろん、私達が知らないところで繋がっているだろうし、別に仲悪いわけじゃなければケンカ離れしたわけでもないわけだから、仲良くしてるだろうなーとは思ってはいたけど、ああやって公に出したことって文一さん今までなかったから、とにかく胸アツだった。
いつまでもBBV信者の私ですから、そりゃ今でも彼らが何やってるか気になるし調べちゃうし検索もしちゃうから、少なからず知ってるけど、やっぱり公の場に出してくれるのは本当に嬉しい!!!あの時を思い出してしまうよね。あー、久しぶりに昔の映像見ようかな( *´︶`*)

それもこれも、文一さんがコツコツと舞台に立ち続けて主演を勝ち取った結果だと思うと泣けてくる。



さて!文一さんの初座長舞台「50shades!」も残すところ大阪公演のみ!
最後まで最高に盛り上がって、最高にf〇ck!だぜ~☆