読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOW!SHOW!SHOW!

紫耀くんの相手役が知英ちゃんになる日まで

じゃにおたバトンやってみた

なんか懐かしいものを見たので興味半分でやってみた(笑)いやー、バトンとか本当懐かしいね!

http://okometokaraage.hatenablog.jp/entry/2016/08/30/110623
こちらのブログさんからお借りいたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】 ぬな

【今の担当は?(複数可)】

名前:平野紫耀くん

好きなところ:全部(ざっくり)

担当になったきっかけ:気づいたら紫耀くんを目で追っていて、「私、平野担なんだ」と自覚しました。


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】
11~12年前から
きっかけは母に無理矢理連れていかれたNEWSのコンサート!(笑)

【担当遍歴】

錦戸亮

真田佑馬・浜中文一(かけもち)

平野紫耀


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

♡しょおかず♡

しょおかずはマイナスイオンぶっぱなしてる!
しょおかずは世界を救う!しょおかずforever!!!
ていう、ただのしょおかず厨です(笑)

(ㅍ_ㅍ)「ブーちゃん」

(ㅍ_ㅍ)「和くんいたずらっ子やねん」


【1番心に残ってる現場】
紫耀くんの現場全てと、いつかの関ジュコン


【初めて行った現場】
8人の時のNEWSさん


【最近行った現場】
サマステオーラス!!!


【次行く現場】
ジャニーズ・フューチャー・ワールド@博多座



【記憶に残ってるファンサ】
全てのファンサが記憶に残ってる!それは元担さんたちも紫耀くんも!
1番なんて選べないぐらい、幸せたくさんもらってます♡
というか、紫耀くんは存在しているだけでファンサです(黙れ)


【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1位、STAY GOLD
結局はいつまで経っても抜け出せない系(笑)
ステゴがとにかく好きというよりは、BOYSの曲が全部好きだった!その中でも、振付けも楽しいしステゴが特に好きだったので♡


2位、C=normal
これはただただ元担さんの文一さんの「せめて~」が聞いたかっただけ(え)
舞闘冠の曲もどれも大好き!「雪の降る日」と迷った~(><)


3位、ハピラキ
紫耀くんがどんな括りで歌っていてもハピラキは大好き!!!踊りも大好き!!!紫耀くん大好き!!!(え)

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

全部の曲から選ぶのは難しいので、サマステ2016から3つ選抜します!


1位、OH!サマーKINGの「信号が止まる度~」
ここの紫耀くんのカクカクダンスが大好きで大好きで、この為にEXシアターに通ったと言っても過言ではない←


2位、rougeの首を撫でるところ
これわかってもらえるかな?ラストのところで紫耀くんが首を撫でて(首なのか?)、セクシーさ出してるところ!
ここが本当にかっこよくて、たまにやらない時があるんだけど悔しくて地団駄踏んでたよね←


3位、Explosion
これを躍ってる紫耀くんが前から大好きだったの!
特に好きなのはジャンプするところ!紫耀くんジャンプ力あるよね。さすがだわ~っていつも感心して見てました。


【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

これ一番悩むんだけど、、、。

HIHIJet
ジャニワEDバージョンの「リアリティーさえミステリー」を紫耀くんみたいに、イケメンに流し見でやりたい←バックじゃないし、踊りじゃない(笑)


【1番好きなペンライト】
エイトさんのエイトレンジャーのペンラ(紫に光るやつ)
これが大好きすぎて、エイトのときはずっと使ってた!!!(今はどこにあるかわからないw)


【1番好きな衣装】
紫耀くんの白パンツ!!!
毎回言うけど、

紫耀くん×膨張色=最高!!!


【よく買う雑誌】
5誌はわりと買うけど、最近は選ぶようにしてます!

特に私はW誌さんが好き~♡


【この映像は見て欲しい!というオススメ】
伝説の「少年たち」
私が見ると号泣パラダイスなので見れないけどw


【ジャニヲタになる前の趣味は?】
アニヲタ(結局ヲタクなのです)


【最近気になっている子】
高橋恭平くん
次期エース!これからさらにイケメンになる!(断言)


【最後に一言!】

紫耀くんが大好きです!!!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんかすごいざっくりしすぎた?(笑)
軽い気持ちに見えるかもしれないですが、決してそんなことはありませんよ\(^o^)/

紫耀くん大好きだー!!!!!!←

私のオススメの本

今週のお題「プレゼントしたい本」

久しぶりにお題に便乗してみようと思います。この前、王様のブランチで佐藤健くんがオススメの本を紹介するという企画で「たくさん読みます、漫画とか」て言っておりました。漫画も読書に入れていいのなら、私の家には数え切れない程の本があることになりますね。(少女漫画から少年漫画、いっぱい読みます)漫画は漫画という分野だと私は思っているので、今回は本(文庫)でオススメのものを紹介します。
と、言ってもいつもの如く、どうせ薬丸岳さんの作品なんですけどね。(強火薬丸岳さん担←)


薬丸岳さんの作品で断然オススメの本はこの2作。
「Aではない君と」

Aではない君と

Aではない君と

「天使のナイフ」

天使のナイフ (講談社文庫)

天使のナイフ (講談社文庫)


やっぱりこの2作ですね。
「天使のナイフ」は前にも少しお話しましたね。
showupup.hatenablog.com

この作品は薬丸岳さんの処女作です。
少年犯罪の被害者遺族側からのお話が描かれています。この作品を読んで、少年犯罪に興味を持つようになりました。最近は少年犯罪が増えていますが、結局は名前も報道されないまま、前科にもならないまま世に出てくるんですよね。なんだか、すごく考えさせられます。もっと、私たちはこの難しい問題と向き合う必要があるのではないかと私は思います。

そして、「Aではない君と」では逆に少年犯罪の加害者とその家族側から描かれたお話です。
もし、自分の息子が少年Aになってしまったら、少年Aかもしれないとわかったら。親はどうするのだろうか。これも本当に難しい問題だと思います。誰しもが自分には関係ないことだと思うことだと思いますが、いつ何が起きるかなんて誰にもわからないですよね。


両極端にあるこの2作は、どちらも本当に考えさせられる作品です。
そんな薬丸岳さんが小説家になるきっかけの作品がこちら。
13階段

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)

この作品に影響されて、小説家になったと薬丸岳さんは仰ってました。そう言われると、薬丸岳さんの原点とも言える作品が読んでみたくなり、私もさっそく読みました。
こちらの作品もまた「死刑」という難しいものが題材となってます。読み終わってみると、たしかに薬丸岳さんの作品に似ているものを感じました。考えさせられというか、読み終わった後も全然スッキリしない感じとか。そこがまた、虜になってしまうところとか。
最初はなかなかページをめくるスピードが上がらなかったのですが、後半になるにつれてめくる手が止まらなくいっきに読んでしまいました。なので、こちらの作品もかなりオススメです。


その他にオススメの本は、薬丸岳さんの「夏目刑事シリーズ」です。これは、シリーズとして3冊発売されております。(たしかこの順番なはず)
1作目

刑事のまなざし (講談社文庫)

刑事のまなざし (講談社文庫)

2作目

その鏡は嘘をつく (講談社文庫)

その鏡は嘘をつく (講談社文庫)

3作目

刑事の約束 (講談社文庫)

刑事の約束 (講談社文庫)

1作目と3作目は基本短編集となっていて、かなり読みやすいです。2作目は大きな一つのお話になっていて、読み応えがあります。
「夏目刑事シリーズ」はどれもハズレなく面白いです!短編集の方は読みやすいので、長いのは得意でない方にもかなりオススメです。3作目には1作目で出てきた内容もあったりと、繋がっているのもまた面白いですよね。さらに、ドラマ化されているものもあるので映像で見るのもオススメです。


結局ただの薬丸岳さん大好きっ子な私なんですよね。現在は「アノニマス・コール」を読み始めましたが、なかなか進まず苦戦しております。

アノニマス・コール

アノニマス・コール

なので気分転換に湊かなえさんの作品を読んでます。たまには他の作家さんの作品を読むのも刺激的で面白いですけど、薬丸岳さんに戻ってしまうんだろうな(笑)


皆さんもぜひ、薬丸岳さんの作品を読んでみてください\(^o^)/

フォトセ17種とは誰だ?大予想大会!!!

はい、取り急ぎ書きました。(初日までに更新できますように)
さてさて、「ジャニーズ・フューチャー・ワールド@博多座」が19日に初日をむかえますね。それに伴い、ついにグッズ発表が出ましたが、

フォトセ17種ってなに?


てなりましたよね。私も例外でなくなりましたよ。
とりあえず、現時点で分かっているメンバーは平野prince内くんの5人なので、5種はこの5人で決まりですね。でわ、残り12人は誰だ?ってなったので、ここで私の大予想大会という名のこの子でてほしいな~のアピールをしたいと思います。


まず(出てほしい)大本命!

ファンキー8

残り4人は無難に松松目黒森継かな?と。
だがしかし、個人的には赤名小島正門吉岡のバンド4人を入れてくれたら嬉しいな~なんて思っております。
なので、

ファンキー8+松松目黒森継

ファンキー8+赤名小島正門吉岡

が大本命かな(*^^*)
だがしかし、いろんなところから飛び交ってる遭遇情報をまとめると、ファンキーちゃん全員は出ない疑惑と、増田くんいるぞ疑惑があるので次のパターン。

丈リチャ大橋朝田

松松目黒森継

天才増田

ここもなかなか有力候補だと思うんだ。いきなりの天才ちゃんぶっ込みだけど、たしか今お仕事ないよね???

あとは各グループからの選抜編。

丈リチャ赤名高橋(恭)道枝福本石澤目黒森継増田松松

スペシャルスーパーごちゃ混ぜ(笑)ビビンバみたいな感じ←え
いきなりの福本石澤投入だし、恭平くんとみっちー入れてみた(笑)そして、松松福福で出たら更に面白いと思わない?え

あと、さっきのファンキー8に伊織石澤福本毛利、ていうのも有りだと思う。


ファンキーちゃんが全員付いてくれたら、私は本当に目が足りないと思う。博多は1人で入るから、更にこわい。なんでもありだよ(え)



ただここで1つ気づいたこと。

博多でしょおかず見れるんじゃない?

ていうことに気づいちゃったんだけど、私どうしたらいい?←
大好きなしょおかずを見て生きていられる自信がないんだけど。博多から帰ってこれる気がしないんだけど、どうしたらいいですか?(切実)
(お願いだから台風こないで)


誰が出ようと、紫耀くんが座長として輝いていれば私はそれで大変満足なのです( *´︶`*)

怪我なく千秋楽までむかえられますように♡

平野担の私がぶんぼを見捨てられない理由(わけ)

皆さんは担降りする時ってどんな気持ちで担降りしますか?
嫌いになったから?失望したから?なんとも思わなくなったから?好きだけど、それより好きなタレントができたから?ま、いろいろですよね。私はどれだろ?一番最後が近いかな。
タレントが嫌いになって降りたことは今まで一度もありません。だからズルズル現場にも行ってしまうんですよね。


さてさて、まずタイトルにある「ぶんぼ」てなんだ?って思う人多いですよね。
「ぶんぼ」とは「buunboyz」の略です(私が勝手に略してる)。「buunboyz」とは某雑誌で文一さんが真田さんに「buunboyz結成しようや」と言ったら、真田さんに「野澤もいれて3人でやりましょう!」てサラリとかわされたやつです。(当時の真田さんはnoonboyzとして、野澤くんと活動してました)
文一さんと真田さんの絡みが私得すぎて勝手に1人でぶんぼ担名乗ってました。(掛け持ちしていたので)

と、いうことで

ぶんぼ=真田+浜中

と、考えていただければと思います。





さて本題、

平野担の私が元担である真田佑馬出演の、舞台「コインロッカー・ベイビーズ」をこの前(6月)観に行ってきました。

とりあえず一言、


やっぱり真田さんの演技が好きだ!

もちろんそれは、私が真田さんを好きになったきっかけが真田さんの演技を見てだからっていうこともあるんだけど(金八先生ね)、やっぱり何度も言うけど

演技力No.1Jrは間違えなく真田さんだ!


特に狂った役は、彼の右に出る者はいないと思う。



真田さんを応援するきっかけになったのは、金八先生でのチャラ役の真田さんを見てからです。懐かしいね~
それから、看守長やったり犯人役やったり頭狂ってる役をいくつかやったりしてますね。


今回のコインロッカー・ベイビーズでは1人5役を演じておりました。5役中3役が狂った役なんですが、私は中でもダイバー役が1番好きです。
ただのダイバーから徐々に狂っていく感じがさすがって感じでした!
真田さんの演技を見て「真田くんの演技やばい!」て言ってる方々を見て、

「そんなの昔から知ってるわー!!!」

て、心の中で叫んでました。でもこうやって、演技力の高さが多くの人に知れ渡って良かったね(*^^*)

正直、真田さんは特別ですよ。なんでって、そんなの初めてバック目当てでコンサート入ったのも、初めてファンサもらったのも、初めて好きになったjr.も全部全部真田さんだから。真田さん名義の情報局も約10年頑張ってくれました。ありがとう。
そんな私、実は真田さんに触れると触れた場所が痒くなるという、真田アレルギーを持っております。最近ではやっと抗体がついてきたのか、この前舞台終わりにたまたまお会いした時は、初めてアレルギーが出ませんでした。なんでだろう?


そして、浜中文一さん。

主演舞台おめでとうー!!!


いやー、すごない?
年に3舞台も実現させて、しかも主演って!2016年の文一さんはすごい!でもそれは2016年が飛躍的に伸びたわけではなくて、ここ数年の文一さんの頑張りとかいろんなものが、報われて勝ち取ったものだと思う。
オダサク初演の時、文一さんを観に行って「あー、文一さんは今いろんなものを吸収してるんだ」てすごい感じた。だからオダサク再演時にもちゃんとキャスティングされて、オダサクにとって文一さんが欠かせない存在になっていたんだと思う。是非ともまた再演を!!!デカダンス大好きなんで(え)

文一さんとの思い出は、これこれこれがあった~とかこんなファンサもらった~とかそういうんじゃなくて、「あの時の関ジュに文一さんがいた!」っていう事実が1番大きな思い出。
あの時の文一さんと今の文一さんは違うけど、抱えていないようで背負ってるところが、応援をやめられない理由。それは自分でもわかってる。結局は関ジュの話になると懐古です。



この前友人に、「共通点がない3人(平野・真田・浜中)だよね」て言われました。うーん、確かに。
でもきっと、何か共通の惹かれるものがあるんだと思うんだ。なのでちょっと考えてみました。

1、不思議キャラ

まずこの3人はみんなちょっとアホでトンチンカンというところ。
紫耀くんに関してはみなさんご存知の通り、エリンギプールです。(え)
紫耀くんってアホって言うよりは天才に近いんじゃないかな?って私は思うんです。きっと、頭の中でどんどん話が進んでいってしまって、その過程をすっ飛ばして言葉で発してしまうので、「何言ってんだ?こいつ?」みたいなことが、おこるんだと思います。あとは、言い回しがトンチンカンなだけだと思う。

真田さんに関しては、なんだか最近は場をまとめたり「さなじぃ」なんて愛称ももらって、しっかり者みたいな感じになってますが、全然違いますからね?
真田さんはただのアホというか、でもただアホなだけじゃなくて、すごく周りの反応を気にしながら、言葉を選んで発しようとするから変な言葉が出てきてしまうんだと思う。

文一さんに関してはなんだか最近はキレ芸かましたりしてますが、そんなこと言う人ではなかったんです。彼はいろいろ経験してきてるし、関西の長として自分がみんなをまとめ、なおかつ自分の道を進んでいかなければらならないという事をちゃんと理解しているから、現在のような感じになったんだと思う。昔はそれこそ、舞台の端っこで全然喋ってなくて、でも一言喋るとドッカン!って笑いがおきて、もちろん今と同じく文一さんの、独特な世界があって。考え方は人とズレてるけど、しっかりしてる人です。

こんな感じで、独特な世界を持っているという共通点がありますね。



その他は何かあるかな?

とりあえず、それぞれのプロフィールを確認してみます。


平野紫耀
1997年1月29日生まれ O型

真田佑馬
1992年11月21日生まれ O型

浜中文一
1987年10月5日生まれ B型


あ、惜しい。文一さんだけ血液型が違う。
しかしここで、1つ分かったこと。わりとみんな涼しい時期に生まれている。(え)
ちなみに言うと、知英ちゃんも1月生まれなので、私はわりと冬生まれの人が好きなようです。(私は春生まれだよ)

ということで、

2、涼しい時期生まれ


さて、どんどん見つけていきましょう。

兄弟構成

紫耀くん→長男(弟が1人)

真田さん→長男(弟が2人)

文一さん→長男(妹が1人)



うん、全員長男でしたね。新たな発見だ。
私は長男が好きなようです。
でも、現実は次男ぐらいがいいな~(え)長男だといろいろめんどくさいこと多いじゃないですか。
(ちなみに知英ちゃんは3人姉妹の末っ子です)


次、ファンサで比べてみた。

紫耀くん→決め顔指さし、満面の笑みでお手振り、自分のファンをバスバス見つける、その他もろもろ

真田さん→ヘラヘラとお手振り、求められれば自分のファンにファンサする

文一さん→お辞儀、(濱ちゃんにファンサしてるから)しない、遠くのファンにファンサ



うーん、共通点ある?とりあえず3人とも

自分のファンをしっかり見てるよ!

文一さんに、お辞儀されたときはさすがに笑ったけど(笑)
ま、文一さんからファンサをもらおうだなんて100年早いですよね。というか、浜中担てそういうの求めてないと思うんだ。文一さんは尊いから視界に入るだけで嬉しい!って感じのお姉様が多いイメージ。



次、体格で比べてみた


紫耀くん→ガッシリ系、でも引き締まってる、短足、筋肉(←)

真田さん→ぽちゃドル、短足

文一さん→わりとスリム



うーん、ここでは紫耀くんと真田さんの短足ぐらいかな?文一さんはそんなに短足だと感じたことはないなー。でも確かに短足は嫌いじゃないですよ。「短足なの可愛い」てよくボヤいてる。

なのでここは、短足(△)ですね。


クロバットで比べてみた


紫耀くん→超人レベル

真田さん→バク転はできるようになった

文一さん→試みたがやめた


うーん、元担2人はアクロバット不得意ですね。文一さんは舞闘冠時代に屋良くんに筋トレしよう!とかアクロバットできるようにしよう!とか言われてたにも関わらず、「俺はやらん」的な姿勢でしたね。筋トレはやってたかな?(舞闘冠懐かしい、「雪の降る日」と「C=normal」が大好きです!)
紫耀くんはサラリとこなしてしまいますね。素敵だ!かっこいい!!!



いただいたお仕事で比べてみた


紫耀くん→主演ドラマ、座長

真田さん→主演舞台(外部)、ドラマ

文一さん→外部舞台、主演舞台(外部)←NEW!

はい、きたー!!!


3人とも主演を勝ち取ってます!!!それだけ実力があるってこと!!!そんな3人が私は誇らしいですよ。でもさ、これって結構すごいことじゃない?私見る目あるよね?←おい
ということで、

主演勝ち取った者


大事なことなのでもう1度言います、


主演を勝ち取った者!!!



こうやって、見てみると意外と共通点の多い(?)3人でしたね(*^^*)


とりあえず!

3人とも

主演舞台・座長おめでとう!!!!!

私はそんな素敵な人たちを応援できて、誇らしいよ♡

推しに届けるファンレター

推しへのファンレターの内容をブログに書かれていた方がいて(その方は若手俳優ファン)、面白かったので私もひっそりこっそり書いてみようと思いました。

わたしの推しといえば、

平野紫耀くん(ジャニ)

知英ちゃん(女優)


その前に、知英ちゃん(女優)て響き最高すぎないか!!!え
それぞれの現場の時は必ず書きます(紫耀くんに関しては渡せる場合のみ)。知英ちゃんの現場には絶対持っていきますよ。マネの顔も知ってるので、渡せるので。プレゼントBOXがある場合は何かしらプレゼントもつけて入れておきます。
どうせ基本は見る前にポイだと思いますが、知英ちゃんはとても優しい子です。ここの話はまた機会があったら。


さてさて、私はどんな内容を書いているのか?

1.冒頭

冒頭は必ずと言っていい程、「紫耀くん(知英ちゃん)こんにちは~!」です。知英ちゃんに関しては冒頭だけは韓国語で書きます。その後にだいたい「今日もお疲れ様です」とか「毎日忙しいと思うけどお疲れ様です」とかそんな感じの言葉を書きます。初日だったら「初日おめでとう!」とか、千秋楽なら「千秋楽までお疲れ様でした!」とか、臨機応変に。

2.本文

冒頭でお疲れ様だなんだいろいろ敬意の言葉を書いたら、ついに本文です。
本文では、コンサート・舞台・イベント中であればその感想を書きます。ここの〇〇良かったよ~!とか、〇〇の時かっこよかった(可愛かった)!とか。
基本的に私はダメだしは書きません。それは私が紫耀くん・知英ちゃんに激甘っていうのもあるけど、ダメだしすることがない(激甘)からです。あとは、本人たちがまさか読んでるとは思ってないけど、何かもしも奇跡がおこって私の手紙を読むことがあった場合、私みたいな素人があーだこーだ言うのって変だと思うからです。もちろん客観的な意見は必要だと思うけど、それとダメだしは違うと思う。どうしても、そういうことで伝えたいことがあった時は、遠回しに書いて伝われば伝われ!って感じにしておきます。
本人たちだって、マイナスなことばかり書いてあるファンレターて気持ちがブルーになってしまうのではないかな?って私は個人的に思っているので、プラスなことしな書かないです。とにかく紫耀くん・知英ちゃんを褒めちぎる、これが私のスタイルです。
それから、雑誌とかで印象に残ってる内容とか言葉とかを書いて感謝の気持ちを伝えます。基本、激甘で手紙では「ありがとう」しか書いてない。
それから、知英ちゃんにはこの前のイベントで~とか書いて、こんなこと話したね~。とか、書いたりしてます。
他には雑談を書くこともあります。知英ちゃんが「今年は本を読みたい」と言っていたので、オススメの本を紹介したり、渡したプレゼントのことを書いたり(なぜこのプレゼントを贈ったのかとか)。
そんな感じで書いているとだいたい2枚目半分ぐらいまでになってます。
ちなみに本文は下書きとして何を書くか簡単に考えておく場合もありますし、流れでスラスラと書く場合もあります。


余談ですが、私は基本的にファンレターは便箋2枚と決めています。それは1枚だと少ない(書ききれない)ということと、3枚以上だと多すぎて読む方もめんどくさくなってしまうと思うからです。だから必ず2枚と決めてます。

3.末尾

さて、本文を2枚目の半分まで書いたらあとは末尾です。
末尾には必ず推しの体調を心配する言葉を書きます。夏なら「暑いけど体調に気をつけてね」とか、「忙しいけどゆっくり休んでね」とか。ここで気をつけていることは「(体調に気をつけて)頑張ってね」は書きません。誰がどうみても私よりも頑張ってる人に頑張れは言いませんし書きません。「休んで」と言っているのに「頑張って」て矛盾しているし(笑)
次に会う機会がすでに決まっていれば「〇〇行くよ!」とかも書きます(本文に入れることも多い)。
そして最後に自分の(重い)想いを1行だけ書かせてもらいます(え)
知英ちゃんなら「いつもありがとう(韓国語)」だったり、恥ずかしいけど「大好きだよ」とか。そして、これからもずっと応援するといつ旨を書いて締めくくりです。



手紙の内容はこんな感じです。ここからは番外編。
封筒やレターセット、装飾、出す頻度にも少し気を使ってます。

レターセット

皆さんのファンレターってわりとシンプルな無地の封筒とかが多いと思うのは私だけでしょか?なので、私はあえてキャラクターのレターセットを選んでおります。知英ちゃんに渡すものに関しては必ず同じキャラクターのものです。同じキャラクターで出し続けていたら、本人から「いつも〇〇のレターセットだよね?」て言ってもらえました♡てへ

封筒

封筒に宛先を書きますが、郵送でない場合(舞台等で渡す場合)は「〇〇様へ」の下の余白に一言メッセージを書いてます。これは、パッと見た時に少しでも読みたくなる様な内容を書きます。「お疲れ様」とか「かっこよかったです」とか。封筒を開けなくても、そこだけで私の想いが伝わるように。

装飾

本文にも少し装飾をしています。万が一私の手紙を読んでもらえたとしても、きっと流し見だと思うんです。一語一句逃さず読むことなんて無いに等しいと思うので、特に読んでもらいたいところに装飾を加えます。そこだけ読んでくれたら、手紙の内容がだいたいわかるように。

出す頻度

これは知英ちゃんに関してのことですが、私はガンガン郵送で送ります。各週では出すようにしてます(忙しいときは難しいこともありますが)。もちろん本人に届いてないと思ってましたし、読んでないと思ってました。ただ私がレターセットを買うのにハマっていて手紙を出す相手がいないので知英ちゃんに送っているっていうだけなんですよね。でも、ちゃんと彼女の元に届いていたようです。不意打ちに本人から教えていただきました。




ザックリこんな感じでいつも書いてます。
いつも自分の書き方なので皆さんはどんな感じで書いているのかな?と、思うこともあります。
きっと、私よりも可愛いくて素敵なファンレターを書いているんだろうな~(*^^*)と。

とにかく私が書くファンレターは激甘パラダイスです!褒めて褒めて褒めちぎってます(笑)




ブログ書いてたらお手紙書きたくなってきたので、そろそろ書こうかな~\(^o^)/

2016年も折り返したということで

知らない間に2016年も折り返しをむかえていたということで、ちょっと1回振り返っておいた方がいいと思うんだ。←
私がどれだけ誰にお金をかけてきたのか、目に見える形で残しておこうと思います。


1月

◎ジャニワ

1月は何回入ったんだろう?
とりあえず、毎週入ってましたね。
1月は紫耀くんが髪の毛をピンで留めてくるという、超絶可愛いことをしてきたのて心臓が飛び跳ねたのを覚えてます。
この頃はバトンのミスもかなり減っていたし、フライングの回転も多くなっていたり、鳥フライングが出ていたり、可愛い紫耀くんがいっぱいいっぱいで毎回お腹いっぱいでしたね。

いやー、本当に満たされてたなって。



ジャニワレポが気になる方はこちらをご覧下さい。たいした事は書いてません。


showupup.hatenablog.com

showupup.hatenablog.com

showupup.hatenablog.com


◎ラキセ

この日はひたすら「今江くん可愛い!」て連呼してました。危うく、今江くんに担降りするところだった←嘘だろ
今江くんの立ち位置ゼロズレの時はびびったよね。


2月

◎少クラ

友達が当ててくれた少クラ。1年ぶりに行ってきたよ。
紫耀くんが見れただけで、心が潤っていく気がして紫耀くん大好きだなって改めて思った日。


3月

◎JYリリイベ


忙しい中、這いつくばって行って良かった。
受付け時間はすぎていたにも関わらず、トークショーにも途中参加させていただき、記者席の良いところで見させていただけました。
そしてその後は、握手会。
化粧もボロボロの中行ったのに、笑顔で対応してくれた知英ちゃん(照明が暗くてよかった)。
何も付けてないのに名前を呼んでくれて、便箋の絵柄まで当てていただき、最高に幸せでした。

4月

◎ウチクレバ

内担の母の付き添いで行ったウチクレバ。
まさかの東京千秋楽で、3時間越えの公演でした。クレバさんのファンが多くてアウェイ感を感じながらも、内くんが楽しそうだから良かったって親子でほっこりして帰りました。


◎野球大会

友達の力をかり、なんとか行くことができた野球大会。
裏でお仕事してる紫耀くんってきっとこんな感じなんだろうな~っていうのが、すっごい伝わってきて更に自担推せるなって思った。
しかし、いつまでも根に持つのは

なぜ紫耀くんのズボンにストライプ柄入れた!


来世まで言い続けてやるからな。


◎関ジュ舞台挨拶

ポチポチ申し込んでたらいっぱい当たってしまったやつ(笑)しかも、発券順だったのか前列ばかりというしまつ。久しぶりに文一さん見れて、文一さんと優馬くんがアイコンタクト取ってるのを見るだけで、入った価値があるなと感じた。


◎JYリリイベ

東京リリイベ2日間と名古屋1日行ってきた、
名古屋は最高すぎて、知英ちゃんに「特別~」て、してもらえました。


5月

◎JYリリイベ

これは「1日まるまる2ショット会だぜ!」の日(笑)(こんな題名でありません)
朝から夜までずっと2ショット会で、知英ちゃんお疲れ様でした。なかなか話せない私に、ちゃんと言葉を伝えようとしてくれる知英ちゃん大好きです♡

6月

◎コインロッカーベイビーズ

結局2回観てきた!舞台終わりにまさかの真田さんに遭遇するという奇跡をおこしました(笑)
そして、演技をしている真田さんがいつまで好きなんだと感じましたよ。きっとこれからも、舞台は観に行くんだろうな。

◎知英ちゃん写真発売記念握手会

まさかの1人1回ということで(追加出たけど買えなかった)、これとあれは話さなきゃ!っと意気込んでいっにも関わらず、アドリブかましたせいで全部吹っ飛んたよね。なんとか私が伝えると、知英ちゃんはそれをサラリと流して、私に伝えたかったことを一生懸命伝えてくれました(笑)なんか不思議な感じだよね(笑)



紫耀くんの現場が、少なく感じますが現在絶賛紫耀くんの現場期間中ですよ。




下半期は紫耀くんの現場のオンパレードや\(^o^)/たのしみまっせ~

近くの君より、遠くの自担派です

なんだか最近、物議をかます発言が多いですね。
この前の「遠くの自担より、近くの俺を見ろ」発言にしろ、「古株とか新規とか関係ない、ライブに来ればみんな一緒~」発言にしろ。
前者に関しては、個人的に激おこプンプン丸です。怒っているというか、いいご身分になったんですねって感じ。その身分にさせてくれたのは古株さんが頑張って健気に応援してきたからですよね?て思います。
でも、だからって古株が偉いわけでもなんでもないと思うし、「は?新規とか無理なんですけど」なんて言える立場じゃないし、私もまだまだ新規だと思っております。私よりもすごい方はたくさんいらっしゃいます。もちろん、紫耀くんの現場も知英ちゃんの現場も。


ある方のブログを読んで、人には承認欲というものがあるのだと書いてありました。その承認というのは、自分の存在を認めて欲しいとかそういうのもあるようで、職場とかで居場所がほしいというのも、そのひとつだとありました。
その延長線上に、ヲタクならば誰しもが羨む、タレントからの認知というものもあるのだと思います。
若い知英ちゃんファンの方はよく「認知してもらうのが目標です!」などと、SNSに明記している方もいます。知英ちゃんに限ることかもしれないですが、それ相当の対価を払っていれば彼女はすぐに覚えてくれます。が、覚えてもらう為に応援しているのではなくて、彼女が世界的に有名になるためのサポートがしたくて応援しています。(もう末期)
もちろん、知英ちゃんに「〇〇、いつもありがとう~」とか「〇〇~!きた~!」とか言ってもらえるのは、とてつもなく幸せなことです。全員が全員そう言ってもらえるわけではないので。もちろん、新しいファンも大事にする知英ちゃんですが、ずっと支えてくれているファンも大事にしてくれます。最近ツンデレだよね。いや、ツンデレっていうか、素直な言葉を発するよね(笑)
と、ここまでダラダラ書いてきて何が言いたいのかわからなくなってきました。


あ、そうそう。だから、慣れてきたときや売れてきた時こそ、支えてくれているファンを大事にすべきだと思うということが言いたかった。(それを伝えるまでが長い)



「遠くの自担より近くの人」や「古株とか新規とかマジ関係ねーよ」とか、そういうのはタレント側が言うことではないと、私は思う。人それぞれ、楽しみ方は違うし求めていることも違う。
それをタレントがファンに押し付けてしまっては、もっともこうもない。好きな応援ができないなんて、私には到底理解がしたがい。

別に彼らのことを完全否定するわけでもないし、嫌いでもない。むしろ好きなんだけども、だからこそ違うと思ったものは違うと言いたい。
そして、私は完全に紫耀くんに激甘なだけなんだけど、紫耀くんはそういうことは言わないし、サラリとファンみんなが喜ぶことを言ってのけるから天才なんだよね。
私が紫耀くんを応援してて良かったと思った、スペシャルスーパー可愛い紫耀くんのお世辞は、某雑誌で「いつもありがとう。と言われると、こっちがありがとう。と思う」(ニュアンス)ていうのをサラリと話せるところ。そういう気持ちって大事だと思う。
というか、

こっちの方がありがとう!

(永遠に続くやり取りw)それを言えるタレントには、同じようなファンがつくと思うんだ。だから、平野担はみんな「紫耀くん、いつもありがとう!」て思ってると思う(*´ω`*)それにちゃんと応えてくれる、紫耀くんはさらに素敵!

私の勝手な意見だけど、平野担って

「紫耀くんが、存在してるだけで幸せ♡」

ていう感じの人多いよね!もちろん私もその1人なんだけどね(笑)
だから、本当に平野担になって幸せだな~って。別に今までが幸せじゃなかったわけではないけど、それは「ファンサをもらって幸せ!」とかだったわけで、「存在してるだけで幸せ」って思うのは紫耀くんが初めてかな( *´︶`*)♡


話はずれるけど、クリエCに行った真田担さんのブログ読んだら激しく納得できた。私がLove-tuneを受け入れられないのってそういうことだなって。別に嫌いじゃないけど、好きでもない。やっぱり、真田さんは演技してるのがいいよ(永遠に言うよ)。安井さんの、安井さんによる安井さんのためのグループっていうのがすごく納得できた。人数が多くなったってなんだって、根本的なところが変わらなきゃうまくいかないぞ。(そろそろ黙ろう)
ま、もう私には関係ない話ですからどうでもいいのですけどね。長い間お世話になった真田さん名義もそろそろ終わるみたいなので、これを区切りにしようかな。(できないくせに)



はい、話がズレズレの大ズレだよ。
で、何が言いたかったんだっけ?

あ、

平野担てスペシャルスーパー幸せだよね

って話だ(え)